指輪の購入をする

ブランド指輪

ヨンドシーは日本生まれのブランドで1972年創業以来、40年以上に渡って、たくさんの女性に愛されています。 ヨンドシーという社名は、氷が張った水の底でも、魚が生息できる安らぎの温度という意味で名付けられました。また4℃という世界共通の記号であることにも由来していて、国内だけでなくアジアにも店舗数を拡大しています。 ヨンドシーの結婚指輪は、女性の魅力をより引き立たせるため、「シンプルの美」を追求しています。結婚指輪のデザインは、Sライン、Vライン、ストレートラインがあり、それぞれ指馴染みの良さや、指を美しく見せる効果、ダイヤモンドを美しくみせる効果があります。ヨンドシー結婚指輪の素材は、プラチナになります。

どうしてプラチナが結婚指輪として選ばれるかというと、主に3つの特徴があります。一つ目は、プラチナの天然の白色が永遠の愛のように変わらない美しさを持つことから、永遠性を表しているからです。二つ目はプラチナは地球上にごくわずかしかない貴金属であることから、希少性があることです。プラチナの含有量が85%以上が、プラチナジュエリーとして認められていて、一般的には90%のものが広く出回っています。3つ目はヨンドシーの結婚指輪のプラチナの純度は95%と、通常のものに比べて高純度なことがあげられます。 本物の価値を持ち、永遠の愛を表現してきたプラチナは、一生をともにする結婚指輪としてふさわしいと考えられています。 オンラインで好みのデザインが見つかったら、お近くの店舗で手にとってみてはいかでしょうか。